Amazonへの出店方法のまとめ

ショッピングモール

Amazonへの出店方法のまとめ

ネットショップ大手のAmazon(アマゾン)。様々なネットショップが参入しており、競合も多いですがそれ以上にエンドユーザーが多いので、やり方次第ではまだまだ売上を伸ばす事ができます。今回はアマゾンの、「出店方法」や「評判」、「費用」などの気になる点についてご紹介します。

アマゾンはどんなモール?

アマゾンは、マーケットプレイス型のECサイトとなります。通常ネットショップは、お店が自分のページを持ち商品を販売します。

しかしアマゾンの場合は商品の出品のみを行うので、お店ページが存在しません。イメージとしては、「Amazon」という大きなショップをたくさんのネットショップで作り上げている感じですね。

お店がページを持たないので、ネットショップ個々の存在感はなく、商品ページのみでユーザーへアピールすことになります。

アマゾン出店のメリット

・ページを編集しなくていいから楽
・初期費用、月額手数料が安い
・すぐに販売できる

アマゾンでは上記のようなメリットが存在します。まずお店の「トップページ」「カテゴリページ」といった商品ページ以外を作る事はできないので、作業量はかなり少ないです。

個人で別のモールを運営しながら、片手間で行う事も全然可能です。それと初期費用・月額手数料も安いですね。後程詳しい料金設定を解説しますが、amazonでは無料でネットショップを出店することもできます。

さらに出店までにかかる時間がとにかく短い!無駄な書類のやり取りなどもなく、商品さえ準備できれば、今すぐ販売を開始することが可能です。

アマゾン出店のデメリット


・お店ページが作れない
・売上手数料が高い
・管理画面が使いづらい
・広告費が高い

お店ページが作れないのは、「運営が楽」という反面、お客さんにお店をアピールできないのでリピーターが付きづらいです。出品した商品は、「アマゾン上の商品」としか認識されず、お店の名前を覚えてもらうのは非常に難しいです。

商品を売った時に掛かる、販売手数料もアマゾンは高いです。最近では「スポンサープロダクト広告」なども開始しており、やや利益が圧迫される傾向がありますね。「広告を出さなければいい」と思うかもしれないですが、ライバル店が使っているので、出さなければ売れなくなっていきます・・

EC業界でもトップシェア

アマゾンは、日本のEC市場でのシェア率はトップです。

・Amazon:20.2%
・楽天:20.1%
・yahoo!ショッピング:8.9%

日本で主要モールと言われている3つを比べても、楽天市場とは僅差ですが2016年段階ではトップとなっています。

利用するお客さんの数は膨大なものになるし、その分ライバル店舗も多く競争も激しいモールとなっています。さらに参入障壁が低いので、個人でも出品する人が多いです。

出店方法&出品方法

アマゾンは他のモールに比べても、出店方法が非常に簡単です。特別必要な書類もなく、すぐに始められます。

アマゾンへのアカウント登録

アマゾンでネットショップを出店するなら、まずはアマゾンのアカウントを作る必要があります。日頃からアマゾンを利用しており、すでにアマゾンアカウントを持っているのであれば、そちらを利用する事ができます。

アマゾンアカウントをすでに持っているなら、こちらの作業は省けます。

「クレジットカードの登録が必要」

アマゾンに出店するには、クレジットカードの登録が必要になります。これは月額手数料や返金などによって、残高がマイナスになった時に支払うためです。

大口登録か小口登録かを決める

アマゾンに出店する場合は、「大口登録」と「小口登録」という2つの登録方法があります。ネットショップを本格的にやろうと考えているのであれば、「大口登録」をオススメします。

大口登録は「セラーセントラル」という管理画面から必要な情報を登録して、そこから出品作業を行います。

小口登録での商品登録方法

小口登録で商品を登録する場合は、「オリジナル商品」は出品できません。アマゾン上に既に販売されている商品のみ取り扱う事ができます。まずは出品したい商品をアマゾン上で検索します。出品したい商品が見つかったら、商品ページに進みましょう。

上記のように出品したい商品ページを開き、右側の「マーケットプレイスに出品する」というボタンを押下します。

するとアマゾンにログインしていれば、「出品用アカウントの設定」という画面に推移します。ここで出品に必要なアカウント情報や、クレジットカードの入力を行ってください。出品アカウントが登録できたら、「価格」「商品の説明」など、必要な情報を記入して出品という流れになります。

【アマゾン出品で必要なもの】
・メールアドレス
・銀行口座(売上振込み用)
・クレジットカード(法人、個人名義どちらでもOK)

アマゾンでは基本的に必要なものは上記のみとなります。「開業届け」「印鑑登録証明書」「住民票」「履歴事項全部証明書」などの書類は必要ありません。

アマゾンで掛かる費用・手数料

さて次は、アマゾンでかかる「初期費用」「月額手数料」「販売手数料」などの費用面についてです。「大口登録」と「小口登録」では掛かる費用の内訳が違うので、これら2つに分けてご紹介します。

大口登録

初期費用 0円
月額費 4,900円
基本成約料 なし
販売手数料 売上の10%~15%程度

大口登録では初期費用は0円ですが、月額費が毎月4,900円掛かります。ネットショップを真面目に取り組むのであれば、4,900円程度なら商品を少しでも販売できればすぐにペイできます。大口登録でないとオリジナル商品も販売できないので、特別な理由が無い限りは大口登録をオススメします。

小口登録

初期費用 0円
月額費  0円
基本成約料 一件につき100円
販売手数料 売上の10%~15%程度

小口登録は月額日は0円ですが、その代わりに「基本成約料」というのが発生します。これは商品が一件売れる度に、100円の手数料を支払うことになります。

販売手数料が高い

アマゾンは「初期費用」「月額費」などは良心的なのですが、その分「販売手数料」が高く設定されています。私はアパレル商品を販売しているので、15%の販売手数料を支払っています。10,000円の商品が売れたら、1,500円アマゾンに支払わなければいけないという計算になりますね。これは意外ときついです。


アマゾンでの販売手数料一覧

・本15%
・CDレコード15%
・ビデオDVD15%
・エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)8%
・カメラ8%
・パソコン・周辺機器8%
・エレクロニクス、カメラ、パソコン10%(最低販売手数料は50円)
・Kindle アクセサリ45%
・楽器8%
・ドラッグストア10%
・ビューティー10%
・スポーツ&アウトドア10%
・カー&バイク用品10%
・おもちゃ&ホビー10%
・TVゲーム15%
・PCソフト15%
・ペット用品15%
・文房具・オフィス用品15%
・ホーム(家具・インテリア・キッチン)15%
・ホームアプライアンス10%
・大型家電 8%
・DIY・工具 15%
・産業・研究開発用品15%
・食品&飲料10%
・腕時計15%
・ジュエリー15%
・ベビー&マタニティ15%
・服&ファッション小物15%
・シューズ&バッグ15%
・その他のカテゴリー15%

※変更されることがありますので、出品前に必ずアマゾンのホームページで確認してください。

広告費が重く圧し掛かる

数年前まではアマゾンでは「広告」は販売されていませんでした。販売手数料の15%だけが大きな費用だったのですが、現在は広告費も掛かってきて薄利多売が続いています。

最近ではどこのショップも広告を利用するようになり、当店も利用せざる負えなくなっています。売上が変わらないのであれば、広告は使いたくないのですが、周囲が使っているのに自分のお店だけ使わないと、みるみる売上は減少していきます。

広告費の負担は大きいです・・・

元々15%の販売手数料があって、さらに広告を売上の10%かけていれば、それだけで25%の費用がかかる計算になります。利益率の悪い商品であれば、かなり辛くなります。

審査基準

アマゾンの出店での”審査基準”は、極めてハードルが低く誰でも気軽に出品することができます。気軽にネットショップを始めたい人や、試しに行ってみたい人でもチャレンジすることができます。