【2020年最新版】優秀レンタルサーバー5選徹底比較

サーバー

ホームページにおすすめのレンタルサーバー5選

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーはどんなサーバー?

月額100円から始まるエコノミープランを始め、ロリポップサーバーは個人に使いやすいサーバーとして、これまで長期間にわたり多くの支持者を集める人気のサーバーです。

運営は株式会社paperboy&co.によっておこなわれ、途中でGMOインターネットグループ傘下となってからも低価格で高機能なサーバーとして人気があります。
2001年から個人向けホスティングサービスからのスタートで既に10年を超える老舗レンタルサーバー会社となっています。

ロリポップ!レンタルサーバーのプラン比較
エコノミー 1,500円~→無料(12/10まで) 100円
ライト 250円~
スタンダード 500円~
ハイスピード NEW 3,000円 1,000円~
エンタープライズ 2,000円~
※月額費用は、6ヶ月以上の長期契約の場合

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーは、特に初めてレンタルサーバーを借りる個人向けのサービスです。
プランは全部で5つあり、個人利用向けの「ライト」や「スタンダード」「プレミアム」の他、ビジネス利用も可能な「ビジネス」「ビジネスプロ」などのプランがあります。
個人利用で特に人気なプランは「スタンダード」プランで、容量も月額料金も、機能もある程度充実していて、普通にwebサイトやブログサイトを運営するには十分な内容となっています。
とにかく安さで勝負しているサービスなので、価格の安さが一番のサービスのポイントです。
これだけ安いのにも関わらず、高機能で高速、webサイトを作成・運用するのに十分な性能が備わっているので非常にコスパが良く、利用者からの評価も高いです。

プラン名/初期費用/月額費用(税抜)
ライト 1,048 円 131 円
スタンダード 524 円
プレミアム 1,571 円
ビジネス 5,238 円 2,619 円
ビジネスプロ 4,714 円

エックスサーバー(xserver)

エックスサーバーは個人だけでなく法人(ビジネス)利用でもオススメ出来る対応幅が広いサービス。エックスサーバーが特に重要視しているポイントは「高速」「多機能」「安定性」の3つ。
ビジネス利用でも十分に使える機能性と高速運用で、様々なタイプのwebサイトの運用が可能です。

この性能・安定・高速感でのコストパフォーマンスも非常に高いレンタルサーバーでしょう。
エックスサーバー(XSERVER)のサービス概要
エックスサーバーの3つの特徴
エックスサーバーの「高速」「多機能」「安定性」3つの特徴。

X10プラン(スタンダード) 3,000円→1,500円 900 円
X20プラン(プレミアム) 1,800 円
X30プラン(プロ) 3,600 円
※月額費用は、36ヶ月契約の場合の金額です。

ColorfulBox(カラフルボックス)

ColorfulBox(カラフルボックス) とは、2018年7月にリリースした「クラウド型レンタルサーバー」。高性能かつ、これでもかというくらい多くの機能を詰め込んだ、夢のようなレンタルサーバーです。株式会社カラフルラボが運営するレンタルサーバーサービス。

公式サイトにおいて、ColorfulBox(カラフルボックス)は「クラウド型レンタルサーバーの完成形」と表現されています。ここで、「クラウド型レンタルサーバー」というのは、CPU・メモリ・ストレージ容量などのリソースが柔軟に変更できることを指していると思われます。ColorfulBox では、リソースの割当量が異なる8つのプランが用意されており、このプランは簡単に変更できるようになっています。このあたりは、採用しているOSである CloudLinux によって実現されているようです。最近ではこの OS を採用することによって、「クラウド型レンタルサーバー」と称しているレンタルサーバーサービスが増えています。
高速 Webサーバー「LiteSpeed」やオール SSDの記憶領域、柔軟なプラン変更など、WordPressなどの CMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用したサイトを簡単に構築・運用できることをコンセプトに設計されています。

バリューサーバー(VALUESERVER)

バリューサーバー(VALUESERVER)はデジロック社が運営するコストパフォーマンス抜群のレンタルサーバーです。2013年5月に開始された比較的新しいサービスとなり、姉妹サービスに「XREA」「コアサーバー」「COREPRESS Cloud」などがあります。
バリューサーバーは、2007年に開始された「コアサーバー」の良さを踏襲しつつ、初心者向けのサービスとして誕生しました。コアサーバーがやや玄人向けのサービスであるのに対し、バリューサーバーは初心者にも親しみやすく使いやすいものとなっています。しかし、初心者向けと言ってもデザインだけであり、中身はコアサーバーとあまり変わらないのは残念です。とはいえ、新しいだけありウェブサイトの表示速度など、総合的な性能はコアサーバーを上回ります。
最もおすすめできるスタンダードプランであれば、多くの機能が無制限対応となり、誰もが満足できるスペックとなっています。他社と比較してマニュアルやFAQが不足しており、少しだけ学習コストが高めですが、非常にコストパフォーマンスの高いサービスです。